富山県済生会高岡病院
文字の大きさ

内科

内科

→ 循環器内科
→ 消化器内科
→ 脳神経内科
→ 糖尿病・内分泌内科
→ 腎臓・高血圧内科

特徴

院内各科との連携診療をスムースに行っており,また地区医師会とも緊密な連携を取りつつ,各患者様に最適な医療を目指しております。また,県内の各医療機関とも良好な関係にあります。

診療体制について

100111_31.jpg
  • 午前外来5診(新患1診,再来4診),午後は予約外来
  • 午前新患外来,午後外来は予約制
  • 病診連携を推進しています.開放型病床(10床;各科共通)
  • 毎月1回(原則第2月曜)病診連携カンファレンス実施(紹介患者レビュー)
  • 糖尿病教育入院実施(標準2週間)
  • 糖尿病教室(外来/入院対象);月六回、火曜日/木曜日に施行(内容の詳細は内科外来におたずねください。)

~糖尿病教室について~

主な検査項目の実施状況

100111_02.jpg
  • 胃内視鏡,S状結腸鏡,腹部超音波 ※検査予約がいっぱいの場合は当日施行できない場合があります。
  • CT検査 ※検査予約がいっぱいの場合は当日施行できない場合があります。
  • 血液検査で緊急性のあるものは当日(約1時間で)結果可能
  • 全大腸鏡(要予約)
  • トレッドミル心電図,心エコー,ホルター心電図,心筋シンチグラフィー(要予約)
  • 心臓カテーテル検査,緊急PTCA,ペースメーカー挿入等実施
  • 逆行性膵胆管造影/肝生検/肝動脈塞栓術 等も実施

医師プロフィール

氏名 役職 専門分野 資格
川端 雅彦 院長 腎臓病学
高血圧
腎臓移植
血液浄化療法
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本腎臓学会専門医・指導医
日本透析学会専門医・指導医
日本高血圧学会専門医・指導医
腎代替療法専門指導士
医療安全管理者
高野 敦子 医療局長
内科部長
ドック健診センター部長
糖尿病
内分泌疾患
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本糖尿病学会専門医・研修指導医
日本医師会認定産業医
髙林 大輔 内科部長
腎透析センター部長
臨床工学科長
医療安全管理室長
医療機器安全管理責任者
医療安全管理者
腎疾患
透析療法
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本腎臓学会専門医・指導医
日本透析医学会専門医・指導医
腎代替療法専門指導士
インフェクションコントロールドクター(ICD)認定医
医療安全管理者
滝 知彦 内科部長 腎疾患
透析療法
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本腎臓学会専門医
日本透析医学会専門医
インフェクションコントロールドクター(ICD)認定医
神原 健太 内科部長 呼吸器
日本内科学会認定医
日本内科学会総合内科専門医
日本呼吸器学会専門医・指導医
日本呼吸器内視鏡学会専門医・指導医
奥村 麻衣子 内科医長
リウマチ科医長
膠原病 日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本リウマチ科学会専門医・指導医
小林 香織 内科医員 糖尿病
内分泌疾患
日本内科学会認定医
日本糖尿病学会専門医
佐野 功 内科医員 糖尿病
内分泌疾患
日本内科学会認定医
日本糖尿病学会専門医
四十万谷 朱里 内科医員
リウマチ科医員
膠原病
堺 和花 内科医員 糖尿病
内分泌疾患
野田 八嗣 非常勤医師
林 龍二 非常勤医師 呼吸器
藤坂 志帆 非常勤医師 糖尿病
代謝性疾患
東山 さつき 非常勤医師 糖尿病
代謝性疾患
山下 竜也 非常勤医師 消化器
富川 武樹 非常勤医師 消化器
血液内科

循環器内科

~循環器病センター開設について~

 虚血性心疾患(狭心症、急性心筋梗塞)、心不全、不整脈、末梢動脈病変(閉塞性動脈硬化症)等の診断、治療を行っております。

虚血性心疾患・心不全

 狭心症は運動負荷心電図検査、心臓核医学検査、冠動脈CTを併用し、外来を中心に効率よく診断を行っております。冠動脈造影(入院検査)で診断を確定し、経皮的冠動脈インターベーション(PCI)により治療を行っております。冠動脈造影・PCIは基本的に橈骨動脈から行い、患者負担が少ない検査・治療を心がけています。急性心筋梗塞に対しても緊急でPCIを行っております。
 心不全は基本的に薬物治療を中心に行っています。呼吸状態の悪化した場合には、急性期にもまず陽圧呼吸療法(ASV:adaptive servo-ventilation)を集中的な薬物治療と併用し人工呼吸器の使用をなるべく避けられるようにしております。当院には慢性心不全認定看護師が在籍しており、心不全入院を繰り返す方には認定看護師を中心とした多職種心不全チームで入院中から外来まで一貫した心不全の生活指導を行っています。また2018 年度より心臓リハビリテーションが本格的に始動し、運動療法も含めた治療が行えるようになりました。

閉塞性動脈硬化症

 閉塞性動脈硬化症が疑われる場合には、CT、MRI、下肢動脈造影を用いて診断を行っております。有症状で薬物治療では症状の改善しない閉塞性動脈硬化に対しては、カテーテルによる治療を行っております。

<実績>

年度 PCI EVT
2020 159 14
2021 123 10
2022 134 11

不整脈治療

<概要>

 2020年1月の循環器病センターを開設し、2021年度より不整脈専門医2名がきめ細やかで専門的な不整脈診療を行なっております。

<特徴>

 不整脈はその性質上、発作時に心電図を捉えることができないことも多く、確定診断まで時間を要することがあります。当院の不整脈診療では問診・診察を特に重要視しており、毎週木曜日、金曜日の不整脈初診外来枠では1人あたり1時間の診察時間を設け、自覚症状を伺うことで考え得る不整脈を絞り込み短時間かつ効率的に確定診断に至るよう努めています。また治療方針・内容につきましても平易な言葉で分かりやすくご説明し、不安が解消され納得が得られるまでとことんご質問にお答えするようにしています。

<対象疾患>

 ① 心房期外収縮・心室期外収縮
 ② 頻脈性不整脈
   発作性上室性頻拍、心房頻拍、心房粗動、心房細動、心室頻拍、心室細動など
 ③ 遺伝性不整脈
   ブルガダ症候群、QT延長症候群など
 ④ 徐脈性不整脈
   洞不全症候群、房室ブロック

 上記の主な不整脈疾患のみならず、不整脈に関連した心不全などに対しても虚血性心疾患・心不全チームと密に連携をとりあって総合的な循環器治療を行なっております。

<治療内容>

 放置して構わない(放置した方がよい)不整脈の場合、なぜ経過観察で良いのかその理由を詳しく納得がいくまでご説明します。
 頻脈性不整脈である発作性上室性頻拍、心房頻拍、心房粗動、心房細動、心室頻拍(一部を除く)に対しては基本的にはカテーテルアブレーションによる根治術をお勧めしますが、薬物治療(頓服〜定期内服)も得意としており、侵襲的治療から非侵襲的治療まで幅広く対応しています。
 徐脈性不整脈に対しては恒久的ペースメーカー植え込みを行なっており、当院ではより生理的なペーシングを目指したHis束エリア・左脚エリアペーシングを行なっております。

<2022年4月〜2023年3月診療実績>

高周波カテーテルアブレーション:132件
恒久的ペースメーカー植え込み術:12件

医師プロフィール

氏名 役職 専門分野 資格
中舘 照雄 循環器内科部長
心大血管リハビリテーションセンター部長
虚血性心疾患
心不全
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本循環器学会専門医
鈴木 崇之 循環器内科部長
循環器病センター部長
救急センター部長
虚血性心疾患
心不全
日本内科学会認定医・指導医
日本循環器学会専門医
坂本 有 循環器内科部長
地域医療連携室長
患者・家族相談室長
循環器
不整脈
日本内科学会認定医
日本循環器学会専門医
日本不整脈心電学会専門医
山口 由明 循環器内科部長 循環器
不整脈
日本内科学会認定医
日本循環器学会専門医
日本不整脈心電学会専門医

消化器内科

 食道、胃、十二指腸、小腸、大腸等の消化器疾患、肝臓、胆道、膵臓疾患の診断、治療を行っています。2019 年1月より新しく超音波内視鏡、ダブルバルーン小腸内視鏡を導入しました。また、2020 年からは小腸カプセル内視鏡も使用し診療に役立てています。消化器がんの治療として、早期食道癌、早期胃癌、早期大腸癌に対するESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)を積極的に行っています。また、消化管や胆道の悪性狭窄に対するステント挿入術、進行した消化器がんに対する化学療法(抗癌剤治療)を行っています。炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)に対して生物学的製剤を含めた治療を行っています。総胆管結石症などの胆道疾患に対する内視鏡治療を行っています。ウイルス性肝炎、自己免疫性肝疾患など肝臓疾患の治療にも力を入れています。消化器領域のIVR(放射線診断技術の治療的応用)に関しては、常勤の放射線科専門医と連携し、肝臓がんに対する肝動脈化学塞栓術などを行っています。内科医と外科医が密に連携し各種検査を施行しますので、手術を視野に入れた精査症例その他いろいろなケースにも迅速に対応できます。症状のある方の当日の緊急検査も可能な限り受け入れています。

<実績>

消化器内視鏡検査 令和4年度
 ・上部消化管内視鏡検査:3,228件
 ・下部消化管内視鏡検査:798件
 ・超音波内視鏡検査:17件
 ・内視鏡的逆行性膵胆管造影検査:99件

早期癌内視鏡治療
 ・内視鏡的粘膜下層剥離術:46件

医師プロフィール

氏名 役職 専門分野 資格
竹越 快 消化器内科部長
内視鏡センター長
消化器疾患全般 日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本肝臓学会専門医
西川 智貴 消化器内科医長 消化器疾患一般 日本内科学会認定医・指導医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本肝臓学会専門医

脳神経内科

 脳神経内科は「脳・脊髄・末梢神経・筋肉の疾患を診断し、内科的に治療する科」と考えていただければわかりやすいかと思います。

 当科受診を考えていただく主な症状としては下記のようなものがあります。 物忘れ、意識がはっきりしない、時々意識を失う、頭痛、めまい、手足のしびれや痛み、言葉がはっきりしない / 出づらい、まぶたが下がる、ものが二重に見える、ものが飲み込みにくい / むせる、体や手足の力が入らない、手足がふるえる、動作が遅い、ころびやすい / 歩きづらい、立てない、顔や手足のぴくつきなどです。

<主な対象疾患>

脳疾患 脳血管障害(脳出血、脳梗塞、脳血管性痴呆など)、感染症(髄膜炎、脳炎など)、 変性疾患(パーキンソン病、アルツハイマー病など)、てんかん、不随意運動、頭痛など
脊髄疾患 多発性硬化症、脊髄血管障害、筋萎縮性側索硬化症など
末梢神経疾患 多発性神経炎、糖尿病性神経障害、顔面けいれんなど
筋疾患 多発性筋炎、重症筋無力症、筋ジストロフィ-(成人発症)など

医師プロフィール

脳神経内科

氏名 役職 専門分野 資格
室石 豊輝 脳神経内科部長 神経内科一般 日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本神経学会神経内科専門医

    糖尿病・内分泌内科

    <概要・診療科案内>

     内分泌代謝内科は近年増え続けている糖尿病を中心とした生活習慣病や、甲状腺疾患をはじめとする各種の内分泌疾患を専門とする診療科です。2023年度は常勤医師3名と富山大学からの非常勤医師2名で外来および入院の診療を行っています。
     各患者さんのご都合を考慮して、外来・入院で糖尿病および内分泌疾患の診断・検査・治療を行っていきます。

    <特徴・実績など>

    外 来

    ◇ 月曜日から金曜日まで毎日午前中に糖尿病、内分泌内科の専門外来を開いています。
    ◇ 糖尿病に関して、管理栄養士による栄養指導、看護師による生活指導などを行い、必要性に応じて薬物治療を行います。糖尿病網膜症、腎症、神経障害、足壊や、脳、心臓などの糖尿病患者さんの合併しやすい病気について眼科、腎臓内科、循環器内科、脳外科などと連携し、必要な検査・治療をします。
    ◇ 糖尿病教室;3回で1クールとし、毎月2クールで糖尿病教室を開催しています。外来通院患者、入院患者さんを問わず、参加可能です。無料で予約は必要ありません。
      第1クール;第1火曜、第1木曜、第2火曜の午後3時~4時半
      第2クール;第3火曜、第3木曜、第4火曜の午後3時~4時半
      (第1クールと第2クールの内容は同じものです。)
    ◇ 開業医の先生方からの栄養指導の依頼のみでもお受けします。
    ◇ インスリン注射やGLP-1 受容体作動薬注射で、外来通院での自己注射導入をしています。
    ◇ フットケア外来:内科外来で看護師によるフットケア外来を施行しています。
    ◇ 糖尿病性腎症に対して、透析予防指導をしています。
    ◇ 持続血糖測定モニタリング(CGM)、リブレプロによる血糖値の精査を行っています。
    ◇ 1型糖尿病の方のインスリンポンプ治療(SAP 療法を含む)をしています。
    ◇ 内分泌疾患(原発性アルドステロン症、クッシング症候群など)の負荷試験について、可能なものは外来で施行しています。(カプトリル負荷試験、デキサメサゾン抑制試験など)

    入 院

    ◇ 糖尿病教育入院は12日間を原則として糖尿病教育入院パスを利用して行っています。食事療法、運動療法をしっかりと行ったうえで必要があれば薬物療法を行います。
    ◇ 看護師の指導や糖尿病教室などで糖尿病についての理解を深め、管理栄養士による栄養指導、理学療法士による運動の指導などにより各人にあわせて治療をきめていきます。
    ◇ 糖尿病網膜症、腎症、神経障害の糖尿病3大合併症の検査・治療や狭心症の検査を行います。
    ◇ 高血糖昏睡、糖尿病足壊疽などの緊急性の高い入院にも対応します。
    ◇ 1型糖尿病の方のインスリンポンプ治療(SAP 療法を含む)への導入も行っています。
    ◇ 内分泌負荷試験、蓄尿検査、副腎静脈サンプリングなど、入院を必要とする各種内分泌疾患の検査も施行します。

    当院は日本糖尿病学会の教育施設です。

    腎臓内科・高血圧内科

     腎炎、ネフローゼ症候群や糖尿病、膠原病による腎障害の診断や治療を行っています。数時間から数週間の急激な経過によって腎臓の機能が低下をきたす急性腎障害(AKI)、腎機能の低下が3ヶ月以上あるか、もしくは腎臓の障害を示唆する所見が慢性的(3ヶ月以上)に持続する慢性腎臓病(CKD)に対応しています。また、高血圧症についてもエビデンスに基づいた治療を行っています。

     腎透析センターは平成14 年度末に開設され、現在12 台の血液透析器が稼働しています。慢性腎不全に対する血液透析や血液ろ過透析を中心に治療を行っており、その他にも持続血液ろ過、持続血液ろ過透析、血液吸着、血漿吸着、体外限外ろ過を行っています。慢性腎不全で通院中の患者さんには、血液透析が必要となる前にバスキュラーアクセスを作製してもらい、血液透析に導入する方針としています。

    <実績>

    透析導入患者数
    令和4年度 血液透析患者 16人、腹膜透析患者1名

    血液浄化療法の実施件数
    令和4年度 合計・・・・・・・・・・5,402件

    曜日別担当医表はこちら