富山県済生会高岡病院
文字の大きさ

皮膚科

 皮膚は外界から内臓などの体内を守る重要な臓器です。また、異物に対する免疫機能も持っています。当科では、そのような機能を持つ皮膚に生じる様々な病気、例えばアトピー性皮膚炎、かぶれなどの湿疹、皮膚炎から蕁麻疹、お年寄りに多い皮膚そう痒症、薬疹などの中毒性の発疹、ヘルペスなどのウイルス性発疹症、とびひ、毛のう炎などの細菌性感染症、水虫、たむしなどの真菌感染症、にきびなど幅広く対応しています。皮膚に関して何か分からないことがありましたら、気軽にお尋ね下さい。

冬の皮膚病について

特徴

 高岡市の中核病院の一つとして皮膚科全般の診療を行っております。
 アトピー性皮膚炎には、詳細な問診と、食事の指導、スキンケアを主体にIgE RASTなどのアレルギー検査を適宜行い、抗アレルギー剤の内服、保湿剤、ステロイド外用剤などで治療しております。
 蕁麻疹は可能な限り原因を調べ、抗アレルギー剤の内服で治療しております。接触皮膚炎、薬疹等ではパッチテストも行い、原因の検索に努めております。
 帯状疱疹は抗ウイルス剤の点滴・内服を行い、疼痛の強い人ではペインクリニックに紹介して治療しております。
 乾癬・掌蹠膿疱症などに対しては、病巣感染のチェックとビタミンD3、ステロイド剤外用、レチノイド、シクロスポリン内服、光線療法を適宜組み合わせて行っております。
現在、生物学的製剤は使用しておりません。
 膠原病の方には皮膚生検などで診断を行い、内科等他科と連携を行い、診療しております。
 皮膚腫瘍は冷凍凝固・外来手術などを適宜行っております。

<ガイドライン一覧>

  • 蕁麻疹診療ガイドライン
  • アトピー性皮膚炎診療ガイドライン
  • 疥癬診療ガイドライン
  • 尋常性ざ瘡治療ガイドライン

医師プロフィール

氏名 役職 専門分野 資格
豊本 貴嗣
100126_02.jpg
皮膚科部長
皮膚科一般 日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
日本皮膚科学会認定医
牧野 輝彦
非常勤医師 皮膚科一般

曜日別担当医表はこちら